ちはる
ちはるです^^

今見ているような
吹き出しになっている記事を見ること多いですよね^^

WordPressで
「Speech bubble」
というプラグインがありますので、使ってみて下さいね^^

 

 

Speech bubbleのダウンロードと使い方

 
 
Speech bubbleでは、こんな会話風が作れます。
 
 

はなさん
ちはるさん、お茶しない♪

ちはる
いいよー^^

 

「Speech bubble」をダウンロード

 

 
 

  • 左のメニューからプラグインを選ぶ
  • 新規追加 
  • プラグインの検索に「Speech bubble」を貼り付け検索 
  • アップロード 
  • 有効 

 
 

このままではまだ使えないので

あなたのサーバーに画像の設定をします。
 
 
アップロードする画像の大きさは勝手に変わるので
気にしなくて大丈夫です^^
 
 

※アップロードする画像の名前を、
わかりやすく簡単なものに変更すると使いやすいですよ^^
 
 
例:はなさんの画像の名前は、はなさんが手を挙げているので
 「hanate」 
 

はなさん
はーい♪ はなが手を挙げてまーす^^

 

「Speech bubble」の画像アップロード方法

 
では、準備している画像のアップロードです。
 
ここでは、エックスサーバーへのアップロード手順です^^
 
  
以下を、順番にクリックしてください。
 
 

  • サーバーパネルにログイン
  • ファイルマネージャーにログイン
  • アップロードするドメイン
  • public_html
  • wp-content
  • plugins
  • speech-bubble
  • img
  • 使う画像のアップロード

 
 
最後のアップロード画面です^^
 
5個までは、まとめてアップロードできます。
 
 

 
 

会話風記事を書いてみる

 
新規投稿画面を開いてください。
 
そこに、以下のコードをコピペです^^
 
 

 
 
 

↓↓↓ こんな感じになります^^
 
 
 

A さん
ここに言葉を書く

B さん
ここに言葉を書く
 

 
では、コピペしたコードを、ちょいといじります。

 
アップロードした画像の名前がありますよね?
 
その画像の名前を「1.jpg」のところを書き換えると、画像が変わります。
 

はなさん
さっきの「hanate」でーす

 

「Aさん」のところは、表示の名前
 
「ここに言葉を書く」のところに、話す言葉を書き込みます^^
 
真ん中辺りの「”L1″」の「L」を
左なら「L」 右なら「R」 に変えてください^^
 
 

吹き出しの種類も9種類あり
「type=”drop”」の「drop」の部分を書き換えるだけです。
 
コードは
drop . std . fb . fb-flat . ln . ln-flat . pink . rtail . think
 
 

ちはる
これはstd

ちはる
これはfb
ちはる
これはfb-flat
ちはる
これはln
ちはる
これはln-flat
ちはる
これはpink
ちはる
これはrtail

ちはる
これはthink

 

まとめ

 
なかなか楽しめるプラグインですね^^
 
 
ちょっと会話風にするだけで
言いたいことが伝わりやすくなったり
読んでる人も読みやすかったりしますね♪
 
 
設定さえ終われば、サクサク使えますので
是非お試しあれ^^
 
 

ちはるからのお知らせ

ちょっとしたわからないことをそのままにしていると
どんどんわからないゾーンに陥ります。
ほんの些細なことでも大丈夫ですので、お気軽にメールください♪

ちはるにメールはこちら 


こんなこと書いてほしいな♪
ということがありましたら、お題を絶賛受付中です^^

お題をリクエストはこちら